毛穴ブログ

毛穴を愛するあなたに、毛穴に関するエキサイティングでホットな情報を提供する。

「魔性の子」表紙のネクタイカラーは何故変わったのか?⑤

(ネタバレ注意)

前回の記事では、イラストレータ山田章博氏は旧版の表紙を描いた当時では、十二国記の世界をまだ知らなかったという話しをした。


f:id:comedo:20201003113319j:image

👔👔

左から旧版魔性の子、新版風の海 迷宮の岸 新版魔性の子 と並べてみた。こうして見ると、なんとなく思えてくるのは新版と旧版の表紙は対になっている。手前から広瀬→高里→汕子と傲濫と妖魔→廉麟(多分)という順に並んでいる。読者の立つ側が手前であり、広瀬は読者側であることを示唆している。異世界ほど奥側に配置されており、両方の世界を行き来する高里は中央に挟まれている。作画当時、読者達と同じ知識背景を持つ山田氏が描くなら当然の構図といえる。

 

👔👔

旧版当時は、読者にとって広瀬が読者側を反映する立場だった。しかし、新版では配置は変わり、むしろ手前から高里→汕子→広瀬に変わっている。これは、十二国記シリーズを既に読んだ圧倒的多数の読者が入り込むのは、むしろ高里のほうだからではないだろうか。新版出版時に、既に黄昏の岸 暁の天まで出版されており、十二国記の世界を知っているであろう読者に向けて、山田氏が構図を変えたのも頷ける。

 

👔👔

作中で高里は周囲に疎まれ、孤立する。実は呪いなどではなく、二つの異なる世界の理の違いが生む悲劇であることを、我々読者は知っている。これは、十二国記の世界を知らない登場人物と読者からは、彼の周囲で起きる不可解な事件や事故は、不条理な呪いの結果にしか見えない。あくまで、旧版魔性の子は不条理なホラー作品であった。

 

 

👔👔

新版での魔性の子の位置づけはエピソード0だ。私は黄昏の岸 暁の天の直後に読んだが、二つの世界が鏡合わせのようにリンクしており、二つの出版が10年も隔たっているとは思えないほど密接に書かれている。十二国記シリーズとしての魔性の子は、行方不明となった泰麒の飛ばされた世界を描く、むしろ現実世界のほうが番外編であり裏設定だ。

視点が切り替わると、不条理が条理に見える。この仕組みは見事だ。蝕の影響による高潮で亡くなった数百人すら、麒麟達の活躍によって最小限の被害に抑えられた結果なのだ。現実世界からは、ひたすら不条理に晒されているように見えた広瀬も、十二国記世界からすると病んだ使役に接触し、蝕に直面しても生き残った、むしろ非常に幸運な人物に見える。ラストシーンでは、広瀬は高里(泰麒)を海岸に残して、高台へと逃げ出す。絶望的に見えたこのシーンも、ありもしない世界へ帰りたがる夢想を辞めて、辛い現実と対峙し続ける姿勢を示唆する、むしろハッピーエンドなんじゃないだろうか。

 

👔👔

話が逸れるが、作者の小野不由美の作品にとって、不条理とは非常に重要な要素だ。残穢で描かれた呪いは、元をいくら追ってもキリがない。屍鬼で描かれた惨劇は、普通の人間にとって自然災害のように不条理だった存在である吸血鬼が、途中から立場が入れ替わり人間側から不条理な目に遭わされる。作者は登場人物に愛着を持たず、淡々と酷い目にあわせる天才だ。それでいて、読者はその不条理に喘ぎ抗い立ち向かう人達を応援したくなる。漫画寄生獣の作者である、岩明均はそのあとがきで、人物の心情に寄り添えばストーリーは自ずと動き出す、とよく言われる手法がまったくあわなかったと述べていた。むしろ、ストーリーに合わせて人物を作るタイプであり、彼の作風も登場人物を容赦なく淡々と悲惨な目にあわせる。なんなら、登場人物達も恋愛や殺人に対してすらクールで淡々としている。だからこそ、時おり描かれる感情が爆発するシーンに心を動かされるのだ。


f:id:comedo:20201017090042j:image

 

 

👔👔

次回は、新版魔性の子の表紙が、風の海迷宮の岸の表紙とも対になっている話しをしたい。

 

「魔性の子」表紙のネクタイカラーは何故変わったのか?④

(ネタバレ注意)

今回は、旧版表紙で赤ネクタイを付けた広瀬の役割について書く。イラストレータ山田章博氏は、十二国記シリーズの挿絵や関連商品のイラストを30年近く務めている。次の文は、2014年(平成26年 新版出版より後)に出版された、彼の十二国記関連の絵を収めた画集「久遠の庭」冒頭の文章からの引用だ。

 

久遠の庭 「十二国記」 画集 (第一集)

 

一九九一年、晩夏。

係属する作品を持たない単独のホラーとして新潮文庫より『魔性の子』が出版され、そのカバー絵を描かせていただいた。この時はまだ、これが背景に十二の王国にまつわる巨大な物語群を背負った動因である事を、読者も挿画家も知らない。

 


f:id:comedo:20201001062128j:image

 

👔👔

 

この文の左ページには旧版の「魔性の子」の表紙絵が載せられている。ちなみに、手元にある講談社文庫ホワイトハート版には表紙以外に挿絵はなく、当時唯一の挿絵がこの表紙だった。


f:id:comedo:20201001062447j:image

 

山田章博氏にとっても読者にとっても、高里の正体は見知らぬ世界の見知らぬ生き物である。赤ネクタイの広瀬が、異質な生き物である高里を驚きの表情で見つめている。この時、広瀬は読者と同じ立場にあった。つまり、異世界という憧れて止まない世界から来た高里に対峙する、平凡で普通の世界の人間だ。

 

👔👔

主人公である広瀬の役割は、読者の代弁者だ。自分のいるべき場所はここではない、もっと幸せになれる場所が何処かにあるはずだ、そんな所に行きたいな、という夢見がちな、悪く言えば現実逃避したい弱い心の代弁者だ。

広瀬は最後まで十二国記の世界には行けなかった。しかも、共に夢見る仲間と思っていた高里は、広瀬を残して本来いるべき世界に帰ってしまう。このストーリーは、2010年代から量産されつつある、いわゆる異世界転生ものへの強力なアンチテーゼとも言える。もちろん、当時はそんなジャンルはなかったが、ハイファンタジーというもっと伝統的な作品分野は出版当時の91年より前から存在した。作者は広瀬の高里に対する卑しい嫉妬心を通して、華やかなファンタジーや美しい異世界に憧れる人達に、残酷で汚く辛い現実を突きつける。君たちが夢想するような、ファンタジー異世界などありはしないよと。実在したとしても君たちには行けないし、無関係な世界なんだよ、と。

 

👔👔

山田章博氏の話に戻そう。彼は「久遠の庭」でこうも書いている。

 

 

確かに「十二国記」は安逸遊冶な夢物語ではない。だからこそ少女向けレーベルに入れる意味があると説得されて、僕の役目はおのずと決まった。この小説を出来るだけポップに見せかけることだ。

 

👔👔

夢見がちな少女という読者層に、辛い現実を突きつける。表紙はそのための罠だ、とも読み取れている。ものすごい発想だ。当時、山田章博氏を説得したという人物は恐らく担当編集者だろうか。作品の本質を鋭く見定めた戦略家だったのだろう。事実、この魔性の子の裏設定とも言える十二国記の世界は、その後長期シリーズとなり、当時起用された挿画家はその後30年近く担当され続ける事になる。

 

👔👔

さて、新版の表紙にも登場する広瀬はネクタイが赤からストライプに変わっている。そして、高里は本来制服として着けるべきスカイグレイから赤に変わっている。新版の出版は2012年(平成24年)だ。もちろん、この時点で既に高里の正体どころか、彼が本来住むべき世界は戴国であり、麒麟として戴王を選び台甫として国を最近支える役目、そのストーリーを読者も山田章博氏も知っている。表紙を新たに描きおろす際の、彼の意図はなんだったのだろうか。

 

続く

「魔性の子」表紙のネクタイカラーは何故変わったのか?③

(ネタバレ注意)
改めて、新版と旧版の表紙を見比べよう。

旧版 平成3年
f:id:comedo:20200926233613j:plain

新版 平成24年
f:id:comedo:20200926233552j:plain

旧版表紙にある高里のネクタイカラーが、本文通りのスカイグレイだ。この文は新版にも旧版にも共通している。


👔👔
ここで、教育実習生広瀬の服装に注目したい。新版も旧版も背広は深緑色だ。この色の描写は文中にはない。前回にも書いたが、イラストレータ山田章博氏が新版表紙を描く際、旧版表紙を参考にした説は濃厚だ。しかも、広瀬のネクタイカラーは旧版の赤色だったものが、新版はストライプに変わっている。
次からは、彼の作中での役割と、新旧の読者の違いから考察したい。


👔👔
ちなみに、平成9年に出たドラマCDのパッケージイラストにおける高里はノーネクタイだ。
f:id:comedo:20200926235342j:plain


続く

「魔性の子」表紙のネクタイカラーは何故変わったのか?②

(ネタバレ注意)
前回からの続き

同一のイラストレーターが「魔性の子」表紙を担当したにも関わらず、ネクタイカラーが24年の時を経て変わっている。しかも新版のほうが原作の文であるスカイグレイと異なる色になっている。これは何かの間違いなのだろうか?ドラゴンボールの背表紙にヤジロベーが2回出てくるのと同レベルのチョンボなのだろうか。



f:id:comedo:20201003104345j:plain



👔👔
何かの間違いだとするなら話は簡単なのだが、私はこの1200万部を超える人気シリーズに関わる人達がそんなに適当な仕事をするとは思えない。2019年に出版された十二国記シリーズの長編新作の登場は実に18年振りのことだった。このシリーズのファンは本当に熱心で、出版業界にとってちょっとした祭りにさえなった。丸善ジュンク堂という、本来なら競合である書店員達によって宣伝のための自作の冊子が作られた。ファン達の熱量のこもった宣伝文は、本当に愛された作品にしか書かれないものだ。私もそれを読んで興味を持った。新旧どちらの版も新潮社からの出版であり(講談社ホワイトハート文庫からシリーズ化された巻も多くあるが)、完全版と銘打った編集担当者もファンの期待に応えるべく仕事をしたはずだ。というか、そうだと信じたい。


👔👔
表紙のネクタイカラーの違いが、何かの間違いでは無い理由は他にもある。イラストレーターの山田章博氏は30年近く、一貫して十二国記の担当であり続けている。旧版の表紙を描いた以上、新版の表紙もその際に参考にしたことは想像に固くない。彼は季刊コミッカーズ2004年秋号p.40のインタビューで以下のように答えていらっしゃる。


--挿絵の場合、気をつけていらっしゃることは?
基本的には小説に書かれていることを目で見られるようにするのがイラストだと 思っていますのでできるだけ勝手な自己解釈は加えないようにします。 僕の個人的な考えなんですが、せっかくの小説作品にマイナスポイントを付けてしまうのがイラストだと思っているんですよ。 本当だったら無限に広がる解釈を許すような、自由に空を飛んでいるようなものを、重りをつけて地面に下ろすような作業だと。『 十二国記』の場合も、作品内容は従来のレーベルの路線とは異色のものだったし、作品が要求する絵ば本来ならライトノベルらしからぬ絵のはずだった。でも『十二国記』に関しては逆に軽い絵がつかないといけないと思ったんですよ。そうでないと本当に読んで欲しい層に読んでもらえにくいんじゃないかと。だから、せっかく高尚で、想像の余地が沢山ある作品を、わざわざ軽く見せるためにイラストをつけたという感じです。



f:id:comedo:20201001070813j:plain



👔👔
このインタビューから、山田章博氏の考えるイラストレータとしての謙虚な姿勢が伺える。
「勝手な自己解釈は加えない」のだ。
更に、これ以外の文からも、漫画など自身の作品の場合は企画書から作成するほど、人との連携を重視する仕事をされている。やはり、表紙のネクタイカラーを間違える人にはどうしても思えないのだ。担当編集者や原作者も含めた、彼らの明確な意図があるはずだ。

続く

「魔性の子」表紙のネクタイカラーは何故変わったのか?①

小野不由美の小説十二国記の原点となる小説、「魔性の子」について語りたい。毛穴は関係ない。


この先、少しネタバレを含むので注意されたい。
とはいえ、93年という結構昔に出版されている上に、背景知識ゼロから読む人は少ないかも知れない。

😈😈
というのも、この本は十二国記シリーズの原点かつ外伝的な位置づけの作品なのだ。知らない人の為にざっくり書くと、十二の国とそれぞれの国を治める王が存在する異世界の話であり、更にこの「魔性の子」はシリーズでほぼ唯一現代日本が舞台となる作品である。と言うより、当初ホラー作品として書かれた本作の裏設定として作者の脳内にだけあったファンタジーの世界を、より広げて丁寧に書かれたものが十二国記シリーズだと言ってよい。そのため、「魔性の子」は後に20年以上続く十二国記シリーズに欠かせない重要な単語が散りばめられており、後に伏線としてきれいに回収されていく。

📿📿
今回この作品を取り上げたのは、新潮社から出ている新版の表紙に違和感を感じたからだ。ファンなら気づいている人も多いだろうが、表紙の3人のうち1人、中央の少年の高里のネクタイカラーが赤色なのだ。

魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)


本文p.16には明確に、彼の通う学校の制服として明るいスカイグレイのネクタイと書かれている。
しかも、同一のイラストレーターである山田章博氏が描かれたものだ。
新版(完全版ともいわれる)は平成27年、旧版は平成3年にそれぞれ出版された。
これはどうしたことだろう?ネクタイカラーをうっかり間違えたのか?それとも、何か明確な理由があるんじゃないだろうか。

👕👕


続く

角栓の祭り

 

■陣取りゲームと人との関わり

Pokemon Goの開発にはIngressという陣取りゲームが元になっていた。これはあまり流行らなかった。なぜか。プレイヤー同士の関わりが希薄なのだ。ゲーム中に得られる他のプレイヤーの情報は名前とスコアがせいぜいだ。これは他の大昔からあるオンラインゲームに共通している。遥か昔、ウルティマオンラインルナティックドーンといったオンラインゲームがあった。それらのゲームでも、オンラインでの関わりをオフラインでも再現する流れは、あくまでプレイヤー同士の非公式なオフ会程度であった。いっぽう、Pockemo Goは異なる。リアルの友人たちと捕まえたポケモンを見せあったり、はてはレイドバトルといった時間と場所を共有する体験は画面を眺めるだけでは得られない。そうしたリアルな人との関わりを重視したことが一番大きい。

 

■オフラインで時間と場所を共有する楽しみ

 話が変わるが、「ヒットの崩壊」という本で柴那典という方が書いていた話が印象的である。音楽業界ではフェス文化が00年代から盛んになりだ。その要因としてTwitterFacebookの利用者が増加したからこそ、時間と場所を共有するお祭りの価値が高まったことに一因があると書かれていた。SNSにアップされたフェスを楽しむ人々の画像は、他の人にもその熱をリアルタイムに伝播させる。ニコニコ超会議もかなり似たコンセプトのもと、ドワンゴ会長の川上量生が開いたものだ。そもそも、アメリカのバーニングマンしかりコミックマーケットしかり、同じ目的を持った人々が同じ場所に集まると楽しいのは大昔からそうだ。人と会いたい、気持ちを共有したいと思うのは、前回書いたように、人々の奥底に眠る渇望の1つだ。オンラインゲームも、時間と場所を共有する価値を重視する時代になっているのだろう。

 

■凄い動画

同じ祭りを毛穴を愛する者同士で開けたら、どんなに素敵だろう。この世界には、愛すべきスターが数多くいる。大勢から気持ち悪いと罵られようとも、自身の楽しいと思えることを貫けるだけの意志を持った人々がいる。そんな人たちが一同に介してお互いの毛穴を品評しあえたら、そんなに素敵なことはないだろう。

この動画のantovm1991という方は数日前から物凄い角栓動画をアップしている。

https://youtu.be/qM6cwz-Lhrg

 

このブログを読んでいて、毛穴探検隊を知らない人はいないだろう。

http://keanatankentai.blog.fc2.com 

 

noteのはすまるさんの絵柄から、どれだけの気持ちよさを共有できた事か。

https://note.mu/cccm/n/n1567de446c15

 

こうした人々が集まり、手に手を取り合い、毛穴や角栓を心ゆくまで抜くお祭りを想像きてみよう。球場のオーロラビジョンでリアルタイムに角栓を抜く様子を写し、会場の全員で楽しむ。大きなものが抜けた瞬間、大歓声が沸き起こるだろう。そんな祭があるといい。うっとりする。

 

ちなみに毛穴探検隊は気持ち悪いという理由で動画削除や広告非表示という憂き目にあっている。非常に残念なことだが、これまでアップロードされた毛穴や角栓の美しさは決して色褪せない。

Pokemon GO はなぜ大人気なのか②

 

■価値観と技術と渇望

 

そして、これは予言というか予感だが、ARが生みだす価値はビジネスにとどまらない。人と人の関わり方を変え、考え方を変え、価値観を変えていく発端になるに違いない。これを読んでいるあなたたちは、自分たちには関わりのない世界の話だと考えていないだろうか。先ほどのヤードポンド法の話しかり、VRを利用した技術やサービスは世界を確実に変えていく。これほどまでに人々に受け入れらたのは、多くの人々の奥底にあった渇望を反映したからだ。多くの人々のもつ渇望とは、技術的特異点以降の時代で人間の生きる意味が失われることへの恐怖であったり、テロリズムによる日常に潜む死への恐怖であったり、自撮りに多くの男からいいねをもらったのにどこか満足していない女子大生のもつ不安感であったり、そういったものだ。VRやARだけではない。技術が渇望を満たすために発展する限り、私たちの暮らす世界は常に変わり続けていくだろう。それはワクワクすることだ。毛穴の写真によって少しでも世界を変えようと思ってこの記事を書こうと思った私は、世界を変える大きな力に出会って何かを不特定多数に伝えたくてたまらなくなったのだ。